内臓と筋肉について

筋肉と聞いても、内臓を連想する方は少ないのではないでしょうか?実は内臓の正体は、筋肉なのです。こちらでは、内臓と筋肉に関する情報を2つの項目に分けて解説します。

内臓は筋肉の1種

お腹に両手を当てる女性

人間の身体を動かすためには、筋肉がなければいけません。筋肉は骨格にある骨格筋と、内臓にある内臓筋があります。

筋肉の繊維には、横にしましまが見える横紋筋と、しましまが見えない平滑筋の2種類に分類できます。骨格筋は横紋筋によって構成されており、内臓筋は心臓を除けばすべて平滑筋です。心臓だけが横紋筋で構成されています。

私たちが普段自分の意思で動かせる筋肉は、骨格筋のみです。内臓筋は、自律神経によってコントロールされており、自動的に動いています。

内臓もこってしまう

内臓も筋肉の1種であり、こってしまうことがあります。

こりを放置すると不調に悩まされることもあるので、しっかりとケアするようにしましょう。

内臓のこりをケアする際は、以下のエクササイズを試してみてください。

指で押すエクササイズ

1.指をお腹に立てて押す。内臓は奥深くにあるので、やや強め(痛みを感じるくらい)にまっすぐ押すのがポイント。

2.硬さが和らぐまで数回押し続ける。

硬さや痛みが強いところを中心に押してみてください。腹筋が硬い状態でやってもあまり意味はありません。リラックスをしつつ行うのがポイントです。

バスタオルを使ったエクササイズ

1.床に三つ折りのバスタオルを置いて仰向けになる。腰のやや上のあたりにバスタオルを当てるのがポイント。

2.両手を頭の上に伸ばし、足を開く。足を開く角度は肩幅くらい。

3.腹式呼吸を行う。息を吸う時は肋骨を開くようにイメージする。息を吐く時は肋骨が地面にじわりじわりと沈むイメージで行う。

だいたい2分から4分くらいを目安に行ってみてください。脾臓や肝臓などの内臓をケアするのに適したエクササイズです。

筋肉の1種である内臓はこるので注意!

checkを示す指差し棒

内臓は自律神経によって動く筋肉であり、時にこることもあるので注意しましょう。エクササイズを行えば、こりを緩和できますので試してみてください。

ふるき整体院では、痛みやこりのケアに適した施術をご提案しています。それぞれに合った施術を行いますので、ご利用の際はなににお困りなのかを詳しくお伝えください。

内臓と筋肉のことならふるき整体院へご連絡ください

店舗名 ふるき整体院
院長 古木 完助
住所 〒360-0044 埼玉県熊谷市弥生1-63-6 弥生廣瀬ビル2F
TEL 048-527-1510 【完全予約制】
営業時間 10:00~21:00(最終受付20:00)
13:00~15:00まで昼休みになります
定休日 毎週月曜日
セミナー等の参加によりお休みする事があります
アクセス
  • JR熊谷駅 北口から徒歩約10分
  • 秩父鉄道上熊谷駅 徒歩3分
駐車場 当店の近隣に有料駐車場あり。
当店までの場所はMAPをご覧いただくかお電話にてお問い合わせください
URL https://kumagaya-seitai.com
PAGE TOP